ヨガで改善

ヨガで改善

 

仕事のストレスで便秘

 

前職では、残業が多く非常にストレスがありました。ストレスのためか、慢性的に便秘になることがありました。便秘だけならいいのですが、腸閉塞気味になり、腹部に痛みを感じることもありました。
腸閉塞のため、2回入院しました。ある大学病院にて、内視鏡で検査をしましたが、原因を特定することはできませんでした。腸閉塞にはならなくても、胃腸の状態は改善せず、慢性的に便秘または下痢の状態でした。

 

 

ヨガで改善

 

胃腸薬や食生活の改善等も試したのですが、全く改善しませんでした。
ところがヨガを行うようになり、便秘が非常によくなりました。ヨガは、自律神経のバランスをよくすると聞きました。便秘の根本的な原因は、自律神経のバランスが崩れてしまったことではないかと思います。
具体的には、交感神経が強くなりすぎで、内臓の動きが弱くなってしまったのではないかと推測します。
ヨガを行うことにより、呼吸が整えられて、交感神経と副交感神経のバランスが良くなったと思います。体調も改善し、便秘になることもほとんどなくなりました。
あれほど数多くのお医者様に診ていただいたのに改善しなかった便秘が治って私も驚いています。

 

 

ヨガで自律神経のバランス改善

 

ある本で読んだのですが、便秘は自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因らしいです。
具体的には、交感神経が優位になってしまい、内臓の動きが鈍くなるそうです。ヨガというとストレッチのようなイメージがあるかと思いますが、ヨガで重要なのは、呼吸です。長く、ゆっくり、一定の量、少しづつ呼吸します。
私の場合ですが、吐くのに30秒、吸うのに15秒くらいのイメージです。この長く、ゆっくりした呼吸がヨガで重要です。
ヨガを行っているときに、この呼吸に集中すると、日常生活でも呼吸が乱れずに自律神経のバランスが整います。自律神経のバランスが整うことにより、私の便秘も治り、病院に行くこともなくなりました。

トップへ戻る