野暮ったくもなく、やりすぎ感もない絶妙なラインを心がける

野暮ったくもなく、やりすぎ感もない絶妙なラインを心がける

野暮ったくもなく、やりすぎ感もない絶妙なラインを心がける

野暮ったくもなく、やりすぎ感もない絶妙なラインを心がける

 

職業:事務職
年齢:30歳
性別:女性

 

 

眉毛で年齢がプラスマイナス5歳は変わる

 

眉毛は目元やリップなどと違ってあまり色や質感を工夫することが出来ませんが、実はメイクの中でかなり重要なパーツだと思っています。
ついつい気を抜いてボサボサの眉毛になってしまうと、ぐっと老けて見えてしまいます。かと言ってあまりにも気合いを入れていじりすぎると、変に若作りのようになるリスクもあります。
顔全体を見た時に違和感なく好印象にメイクを仕上げるためには、眉毛のケアは必須です。

 

 

年相応で、洗練されたイメージのラインを作る

 

時代や流行で眉毛のトレンドも変わっていきますが、私は「野暮ったくなりすぎず、やりすぎ感もなく」を常に意識しています。
要は無難にってこと?と思われるかもしれませんが、実は結構大変だと思っています。きちんとケアしようとするとついつい頑張りすぎて細くキツい印象の眉になってしまいますし、ナチュラルを意識しすぎるとおばさん感が出てしまいます。
だんだんイメージと離れていかないように、たまに自分の写真を見ながら、ほどよいラインを保つようにしています。

 

 

眉毛とアイメイクだけでショッピング

 

今は、色々と気を遣っているとは言っても理想の眉毛だとは思えません。
もし本当に洗練された理想の眉毛をキープできるのであれば、余計なメイクはせずにアイブローとアイメイクだけでサラっとメイクをきめ、恥ずかしがらずにショッピングをしたいと思います。

トップへ戻る