お腹と胸の妊娠線

若返りメイクのコツをご紹介。PCリペアゲルWセラムを有効的に。

 

妊娠線予防

 

妊娠後期に入って、お腹が大きくなってきて妊娠線が気になる人に

 

 

妊娠線予防の王道

 

妊娠線は一度できてしまうと二度と消えないと言われています。
したがって、毎日のケアがその後の一生を左右すると言えます。
だからこそ、妊娠線の予防には力を入れたいものです。
まず、選ぶクリームですが、ネットで調べると、保湿ができればどんなクリームでもオイルでも良いと書かれていますが、私は念には念を入れて、産前産後赤ちゃんグッズなどを専門に取り扱っている会社の妊娠線予防クリームを選びます。
他の保湿クリームと比較すると、やはり高いです。
その分安心して使えるところがいいところだと思います。
クリームは惜しまずにたっぷりと使うことが大切です。せっかくいいクリームを用意しても、もったいないと感じて少ししか使わなくて、妊娠線ができてしまっては本末転倒です。そのため、その後の一生を左右すると考えて、たっぷり使うのがポイントです。
お腹全体、胸全体をはじめ、腰、お尻にも塗っていきます。ケアのタイミングとしてはお風呂上りのお肌が柔らかくなっている時が良いです。
赤ちゃんのことを考えながら、リラックスした気持ちで優しく塗っていきます。塗る順番や塗り方は私はあまり気にしていません。全体にまんべんなく塗れたらOKです。
塗ったらべたべたしていますが、すぐに下着を着てクリームに貼り付けるように覆い、保湿力を逃がさないようにします。
また、服がずれないようにクリームと下着をぴったりくっつけて覆うのもポイントです。

 

べたべたが嫌な人にとっては、妊娠線予防クリームはかなりべたつくので、塗ること自体嫌かもしれません。
べたべたが嫌で毎日塗るのがストレスになっては本末転倒なので、自分の気に入ったテクスチャーのものを選ぶことをおすすめします。

トップへ戻る